核兵器解体基金

 

緊急ニュース速報 June 1st, 2005

ノーベル賞受賞原爆科学者が世界核兵器解体基金を激励

兵器解体を支援する音楽業界

ニューヨークより:
今月、国連で核拡散防止条約の再検討が行われている最中に、ノーベル賞を受賞したNGO各団体、核兵器の専門家ら、および音楽業界のマーケティング部門幹部らによる団体が核兵器の解体を目的とする世界初の私設基金を発足させた。

1944年12月、ドイツのそう遠くない降伏が見込まれ、ヒットラーにはもはや原爆を開発することが不可能であろうことが明らかとなった時に「マンハッタン・プロジェクトから歩み去った男」として知られ、1995年にノーベル賞を受賞した元マンハッタン・プロジェクトのメンバー、Sir Joseph Rotblat教授はこう語る。「今日のポピュラー音楽は全世界的なものであり、また若い人たちの心と頭へと届く独特の道を持っている。私が望むのは、このキャンペーンに参加したアーティストたちのアピールが音楽を通じ、すべての人に『核兵器がはびこるなんてとんでもない』と思わせるように、ということだ。このキャンペーンは私が生涯をささげてきた仕事に、全く新しいアイデアと魂とをもって続いているものなのだ」

世界核兵器解体基金(Global Nuclear Disarmament Fund:GND Fund)は提携各社のCEOたち、各個人、そして「核兵器解体への協力」に挑む世界中すべての音楽ファンたちを対象とするものだ。まず目標とする金額は核兵器一機の解体に要する金額である$100,000。すべての核兵器をなくしてしまうにはさらに多くの資金が必要となる。ミサイルから出た廃材の金属は熔かされ、新しく「大義のブレスレット」として成型され、世界中の核廃絶論者をむすびつけるものとなる。「このブレスレットの売り上げはさらに多くの核兵器を解体する助けとなり、また、一般の人々に世界から核兵器を取り除く力を与えることになるだろう」と、1985年のノーベル平和賞受賞者であり、 IPPNW(International Physicians for Prevention of Nuclear War:核戦争防止国際医師会議)の共同議長であるGunnar Westberg医師は語る。また, GND Fund管理者が論じる課題として優先順位が高いのは、事実についての周知を図ることとなる。世界中には30000発以上もの核兵器が存在し、15年前に冷戦が終結したにも拘らず、4000発はアメリカとロシアの間で一触即発状態のままである。これらの核弾頭の破壊力は、60年前にヒロシマに落とされた原爆の100,000倍にもなる。

「これらの兵器は未だに極度に危険な状態にあり、またどこかで1機が発射されるか、でなければ誤った警報を受け取った場合にすべての数多くのミサイルがそれに応えて発射されるという自動反応システムに組み込まれている」と、ワシントンDCの多国籍防衛情報センターのBruce Blair博士は語る。「サイバーテロの時代である今日においては、テロリストたちは絶えず発射システムの戦略コマンドをクラックしようとしている。これは意図せざる核の応報に現実味を与えることであり、完全に起こりうることなのだ」Blair博士は「事故的な核戦争」に関する世界で最も有名な権威者とされる人物であり、元国際弾道弾ミニットマンの発射技官でもある。

「世界核兵器解体基金はポピュラー音楽のミュージシャンやセレブリティたちによって世界規模で展開されてゆくだろう」とEMCIの Jay Colemanは語る。
EMCIは30年以上にもわたって音楽業界内における企業キャンペーンやコラボレーションの中心となってすばらしい成功を収め続けてきた会社である。「今はじめて世界中の人々がいちどきに核兵器を廃絶する力を持ち、政府に対して武装解除による平和の推進を要求する組織的な圧力となる」

連邦協議会(上院議会)の国際情勢委員会の議長であるMikhail Margelov 氏によれば、
核兵器の解体を推進するための国際基金というアイデアは、いまや世界最初の「武装解除競争」となる可能性のある活動に参入し、他の核保有国と武装解除を競うことを考え始めたロシアでも受け容れられるだろうとのことである。「私は、これはすばらしいアイデアだと思う。これはロシア政府に武装解除問題にかかわり、そこでリーダーシップを示すチャンスを与えるものなのだ」

「核兵器廃絶同盟(The Nuclear Weapons Abolition Alliance)」はこの基金を管理するために結成されたNGOであり、来月公式の派遣団をロシアに送ってGND Fundによる最初の核兵器解体にむけての対話を開始する。世界核兵器解体基金に関するより詳細な情報については、www.GNDFund.orgを参照してください。

核兵器廃絶同盟(The Nuclear Weapons Abolition Alliance)

  • IPPNW(International Physicians for Prevention of Nuclear War:核戦争防止国際医師会議)
  • 1985年ノーベル平和賞受賞
  • Sir Joseph Rotblat教授 1995年ノーベル平和賞受賞
  • ブリティッシュ・パグウォッシュ・グループ
  • ワールド・ピース・ミュージック・アワード(501 (c)-3)
  • Bruce Blair博士 防衛情報センター ワシントンDC
  • アクティブミュージック (501 (c)-3)

より詳しい情報に関してはMatt Taylor -Mtaylor@GNDFund.org まで

Global Nuclear Disarmament Fund
One Market Street, Spear Tower Building Suite 3600. San Francisco CA, 94105

copyright(C) 2008 Global Nuclear Disarmament Fund all rights reserved.

Global Nuclear Disarmament Fund English Japanese Chinese French Spanish Korean German Russian Arabic